Home

LINK








私の政策 まともな市政、本当の改革を。

私の政策:大阪市会議員かわしまひろとし
まともな市政、本当の改革を。

「対立」より「対話」「協調」の市政 <民主主義の原点へ>


自分たちと異なる価値観を認めない驕ったポピュリズム政治を終わらせる。考え方の違い、多様性を認めあいながら、「対話」「協調」による真の民主主義を実現し、まともな市政を取り戻す。これが大阪市を創りなおす改革の第一歩。 <市民不在の「敵をつくる」「密室・密約」「党利党略」の政治からの脱却>

防災、G20・万博の成功に全力 <都構想議論は無駄>


都構想をやってる場合ではない。南海トラフ地震に備えることが喫緊の課題。「G20」「2025大阪・関西万博」の成功に向けても仕事が山積。 <国土強靭化・都市の強靭化/小中学校の体育館の空調設備の設置/地域防災計画・業務継続計画の見直し/万博で市民負担を増やさない/万博に向け最先端技術の創出 など>

メガリージョン時代の都市づくり <創造都市・大阪市を>


リニアの開通で東京から大阪までがひとつのスーパー大都市圏(メガリージョン)になる次代を見すえた創造都市・大阪市の実現。 <リニア・北陸新幹線・なにわ筋線の早期実現/大阪市最後の一等地「森ノ宮」に新大学キャンパス/都心の都市再生/クリエイティブ人材の集積による新たな大阪市の成長戦略 など>

政令市の強みを活かす <市民サービスの充実・拡充>


権限と財源がある政令市だからできる行政サービスの充実と自立した豊かな大阪市の実現。
<幼児教育費無償化/待機児童ゼロ/子ども医療費助成拡大/病児・病後児保育充実/給食無償化><女性・若者の就労支援/妊婦・出産支援拡充><高齢者・障がい者施策充実><総合区の導入> など

◆ 行きすぎた政策をリセット <真の「公共」を再構築>


パフォーマンス政策でガタガタになった大阪の現場(教育・福祉・地域など)、行きすぎた民間活用で危機管理対応ができない「公共」を再構築。 <教育現場の再構築/子どもの貧困対策/民間活用や府市統合案件の検証><新自由主義的発想の行政運営からの脱却/Society5.0を見据えた公共サービス改革> など